New Life in Auckland, NZ

日本を離れてNZへ。
Working Holiday Visa / ワーキング・ホリデイ・ビザで一年間の滞在。
このビザは今では世界各地で存在しますが、
当時はカナダ、オーストラリア、そしてNZのみでした。

出発の半月前まで仕事をしていて、英語もほとんど話せなかったので
空港でのお迎え、フラット(アパート)探し、仕事探しまでお手伝いしてもらえるよう
企業に頼んでありました。

まず、空港Pick Up されるとAuckland ダウンタウンのホテルへ。

c0239412_15311635.jpg

ホテルからの景色。

c0239412_1532320.jpg

TV もない簡単なお部屋。
トイレ、シャワーは部屋の外で他のホテルゲストとの共同使用;;
最初の英語難関は "Male" と "Female"
何で、Man と Woman じゃないの~? 008.gif
ええいっ!と勢いで入ったのは・・・・男子トイレでした;;
だって中で男の人が入ってきた私にびっくりしてたもの。005.gif012.gif
(もしくはその人が間違えて女性トイレに・・・・ってことはないかっ。)
知らないという事は、恐ろしい事と実感しました。

そんなこともあって、辞書は肌身離さずいつも一緒。
一週間、辞書と地図持参で町を散策。

食事には苦労しました;;
一人でレストランに入る勇気もなく、
サンドイッチ屋さんを覘くと、出来上がりのサンドイッチは無く、
買う側が、まずパンを選び、中に何を入れたいのか順々に選んで作ってもらうシステム。
入国数日の私には難しくて断念;021.gif

スーパーで美味しそうなシーフードサラダを見て、これなら指さしで買えそう・・とTry!
優しいお兄さんがサラダをパックに詰めてくれながら、
”When did you come here?018.gif" と声をかけてくれましたが、
外国人(・・現地では私が外国人でしたが)と話すことに不慣れな私は
喉から言葉が出てこない・・・・002.gif
言いたいことが沢山あったのに、沢山すぎて何から言っていいのかわからない・・・008.gif
どう言っていいのかわからない・・・・・007.gif
結局、何も言葉を返せずに、妙な崩れた笑顔でしか返答できませんでした。
悔しい~~~~~~!
そんなことだったから、そこのお惣菜屋さんには恥ずかしくてもう行けず、
次はどこで何を買えるんだろう?039.gifといつもお腹を空かせていました。


そして空腹の2週間が過ぎ去り、ようやくフラットが決まりました。

場所は、Auckland Downtown から西に位置したPonsonby / ポンソンビイ

c0239412_15402317.jpg

閑静な住宅街です。

c0239412_15415296.jpg

オーストラリア人男性、オーストラリア女性、
日本人女性Kっちゃんがフラット・メイト(同居人)。

c0239412_15444429.jpg

↑広いリビングルーム。
ルームメイトはそれぞれBedroom を確保して、
リビングやキッチン、バスルームなどはシェアーします。
Kっちゃんがいてくれたのは心強かったです。

Kっちゃんと、

c0239412_15473986.jpg

近くの海辺, St. Mary’s Bayへ行きました。
海へ歩いて行けるなんて、嬉しかったです。016.gif

フラットが決まったら、次は仕事探し!
どんな仕事につけるかワクワクしていました。


     *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*    F's 旅Note   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
[PR]

by fsnoteashiato | 2012-12-16 16:10 | NZ | Comments(2)

Commented by 鍋子 at 2012-12-17 13:53 x
な・な・な・懐かしい!

私は何年の何月に飛び立ったのか?
久しぶりに昔の写真でもひっぱり出して見たくなったよ

なんだか見てると超昔!!な、感じ
時代を感じるね~

ワーホリって何歳までだっけ?
また行きたくなってきたな\(^o^)/
Commented by fsnoteashiato at 2012-12-17 19:17
♪鍋子!
懐かしんでくれてすんごく嬉しいよ♪
鍋子は1990年じゃない?いや、89年か?
何を見ても時代を感じるよね・・・髪型とか服装とか。
あの時代、私達は全力で生きてた気がするよ。
オーストラリアとカナダは25歳まで、NZは30歳までOKだったよ。今は世界各地でWHがあって、羨ましいよね~。
この年で受け入れてくれるWHなんてあるのかしらね?(笑)