SRILANKA   象の入浴

「これから狩へ出発~!」

c0239412_1245319.jpg

という事ではなく・・・・f^_^;)

c0239412_124633100.jpg

象の入浴シーンの見学に来て象に乗せてもらった時の写真。
槍?を持たされて、恥ずかしかったのを思い出します。012.gif

c0239412_12541940.jpg

c0239412_12481023.jpg

こんなに沢山の象を一度に見るのは初めて。

c0239412_12485863.jpg

小象が可愛い。016.gif

c0239412_12493568.jpg

象に乗せてもらった後で、お礼に背中を流してあげました。043.gif


     *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*    F's 旅Note   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
[PR]

# by fsnoteashiato | 2014-02-09 12:59 | Asia

ハットルグリムス教会 @Reykjavik

今年の抱負の一つ、
" このブログをちゃんとUpすること!034.gif "
ホントにマジで記憶が消えてしまわないうちにやってしまわなければ;
と焦っています。

まずはムード作りで気分を盛り上げて。

c0239412_117121.jpg

美しい曲を聞きながら
このCDにまつわる足跡を辿ります。

歩いていたのは、北の国・・・・・

c0239412_10541797.jpg

アイスランドの6月はまだ寒かった・・・・
首都Reykjavik / レイキャビック にあるハットグリムス教会

c0239412_10553442.jpg

この写真をみると、いかに大きな教会だったかを再確認出来ます。023.gif

ハットルグリムス教会(Hallgrímskirkja, ハトルグリムスキルキャ)は、アイスランドの首都レイキャヴィークにあるプロテスタント系教会。
建物はコンクリート製で、 Guðjón Samúelsson により1937年に設計され1945年に着工し、完成は1986年。
計画から完成までには41年もの歳月を要した。
17世紀の聖職者で詩人の Hallgrímur Pétursson の名にちなむ。

高さは74.5mで、アイスランドでは最も高い建造物である。最上階まではエレベーターが通じており、市内を見渡す展望台となっている。
ただし、エレベーターは有料(500ISK)。デンマークのグルントヴィークス教会に通じる表現主義建築による教会堂である。

教会の前にはレイフ・エイリクソンの銅像が立っている。
この像は、アルシング創立1000周年を記念して1930年にアメリカから寄贈されたものである。


私は無宗教ですが、教会を訪れるのが好き。
ステンドグラスを見るのも興味深いですが
何よりもパイプオルガン!

c0239412_1114159.jpg

ここのもとっても立派です。

その時、

c0239412_1124685.jpg

丁度パイプオルガン奏者がいらっしゃって、お話を聞いた後、

c0239412_1133974.jpg

なんと、私とその時一緒に旅していたUさんの為に演奏して下さったのです!016.gif
この生演奏は、自分自身の何よりのお土産になりました。

そこで記念に購入したのが、

c0239412_116427.jpg

この方が演奏するこのCDなのです。

それにしても、いくら貧乏な長旅とは言え
私のヒッピーチックな格好が凄い後悔・・・・・・・・015.gif


     *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*    F's 旅Note   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
[PR]

# by fsnoteashiato | 2014-01-14 11:25 | Europe

Cambodia, Angkor Wat の夕日

久々のUp.  f^_^;)

Phnom Penh / プノンペンからボートでSiem Reap / シェムリアップに入ったのは午後。
翌日まで待ちきれず、アンコールワット遺跡区に初めて足を踏み入れ、
丘上型遺跡Phnom Bakheng / プノンバケンに来ました。
ここは夕日を見るGood Point。
この遺跡の上までは、

c0239412_11325120.jpg


とっても急で狭い石階段を上ります。
暗いと余計怖い~008.gif

c0239412_11205869.jpg


すでに沢山の旅人達がスタンバイ。
プノン・バケンからはアンコールワットなど360度見渡せます。

そして、

c0239412_11422636.jpg


綺麗な夕日。
影となったアンコールワット遺跡がとても印象的でした。


     *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*    F's 旅Note   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
[PR]

# by fsnoteashiato | 2013-03-20 12:10 | Asia

初めて列席した海外挙式

私がAuckland で免税店の仕事を始めてから、もう一人の女性スタッフが同じセクションに配属され
そのYさんの結婚式に招待されました。
初めての海外挙式に興味深々。043.gif

c0239412_19271952.jpg

一緒に列席したDFSスタッフ。
左から、F, YRちゃん、HRさん(←初登場~!)、Mrs bigsea, KYMさん。
この日は11月11日。
NZは南半球だから、季節は日本と逆です!034.gif

c0239412_19302768.jpgc0239412_19303988.jpg

手作りのウエディングドレスに身を包み、お父様と歩くバージンロード。

勿論お式は英語。
キリスト教式も初めてで、何がどう行われているのかさっぱり・・・・。

c0239412_19324860.jpgc0239412_19331466.jpg

新郎新婦のサインの後は、witness/立会人のサインが行われている・・・・と、
今だからわかるこの風景。

c0239412_19353597.jpgc0239412_19353890.jpg

晴れて夫婦となって、新郎新婦退場~。
幸せそう。053.gif

c0239412_1938389.jpgc0239412_1938445.jpg

教会の前で記念撮影。

c0239412_19385434.jpg

御両家揃って。
Yさん、お母様にそっくり!お父様も嬉しそう。
でも、一人娘が遠いNZへお嫁に行ってしまって複雑かな?

c0239412_19392931.jpg

私達も一緒に一枚!
一番左は職場のスーパーバイザーASM氏と奥様、そしてお坊ちゃま。
でも今やこのお坊ちゃまにもうお子さんがいるとの事!
いや~、時は経っているのですね;;

c0239412_1940070.jpg

この車で新婚旅行へ出かけます。

c0239412_19402463.jpg

だ~れも見ていなくても、二人はラブラブ~ 053.gif

この後は新郎A氏のお母さんの自宅でパーテイです。

c0239412_19413050.jpg

二人ともお式が無事済んで、ホッとしてリラックス。

c0239412_1942788.jpg

ケーキカット。
このケーキは、毎年結婚記念日に食べるのだそう・・・・
って、そんなに持つの?005.gif
このケーキはドライフルーツたっぷり、砂糖たっぷりのあんま~~~いケーキで
いつまでも持つのだとか。(ホントかしら?039.gif今でも食べてるのかしらね?)

c0239412_19461718.jpg

新婦が自らケーキを切り分けています。

パーテイは和気藹藹、急がず騒がず、素敵な挙式、パーテイでした。

c0239412_19474369.jpg

新婦Yさんと記念撮影。

c0239412_19481875.jpg

そして職場で同じセクションのスタッフと一緒に。
左からCス、Yさん、ASM氏、そしてKTYさん。
この結婚式に招待していただいて、楽しく素敵な時間を過ごせました。

今では二人の子供もティーンエイジャー。
綺麗でのどかなNZで幸せに過ごされている事でしょう。
あ~、会いに行きたいなあ~。023.gif


     *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*    F's 旅Note   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
[PR]

# by fsnoteashiato | 2013-01-04 20:41 | NZ

Working Holiday Visa / ワーキングホリディビザで就活!

フラットが決まった後は、仕事探し。

私が取得した、Working Holiday Visa / ワーキング・ホリデー ビザは、
その名の通り、就労をしても良いし、
その国を知るために休暇的に過ごしても良い、というありがたいビザ。
就労ビザは何処の国でもなかなか取れませんからね。
でも、国によってビザを取得できる年齢が決まっていたり、一生に一度のチャンス!!
( オーストラリアには現在、”セカンド・ホリデー”なるものが今はあるそうです。005.gif

私は、オーストラリアとNZ、2か国続けて2年間のワーキングホリデー。
ビザの年齢制限は、オーストラリアは25歳、NZは30歳まで。
でも、ビザの有効期間が
オーストラリアは一年間有効のビザで入国してから一年滞在可
NZはビザを取得してから一年間有効の違いがあった為、
先にNZへ行ったという訳です。
(現在は一か国でW・Hが終わったら日本へ帰国しなければならないとか?)

まず仕事の話が来たのは、町のブティック。
縫製業だそう。
履歴書に”服飾専門学校卒業”と書いたので、それを生かしてくれようとしたみたい。
リクルートな服装をして試験へ。
いきなり服のパーツを渡されて”袖付け”の実践をさせられました。005.gif
私って外見、” 堂々としてふてぶてしい ” らしいけれど、
そー見えても実は、小心者で緊張しいの、すぐ心臓バクバク;053.gif
人前で何かすることが大の苦手;;008.gif

「所変われば品変わる」・・・じゃないけど
渡された身頃と袖のパーツが何か変・・・・違う・・・・・・
そこで度胸よく腹据えて対応すればよかったのですが、焦る一方。008.gif
「これはこうやって縫うのよ。018.gif」と教えてもらったのは
私が学校で学んだことと全然違いました;

結果、仕事はもらえませんでした;;;007.gif

次に来た仕事は、DFS免税店。
免税店の仕事は英語も必要だし、そう簡単につける仕事じゃない!と聞いていたので
まあ、面接の練習だと思って受けに行きました。

採用試験を受けたのは、私とMrs. bigsea(この時初めて会ったんだよね!)、そしてもう一人の日本人女性3名。
立派なお髭の怖顔マネージャーが、順々に質問を問いかけていきます、勿論英語で。
くるぞ・・・002.gif、くるぞ・・・・008.gif と構えていたら
空振り!私は笑顔を振りまいていただけで面接終了~。042.gif

こりゃこの面接もダメだな・・・・と思っていたら
翌日採用の連絡が入りました。005.gif
いや~、ラッキーでした。
こうしてNZへ来てから一か月後、無事職につけました。


配属されたのは、初の女性スタッフとして
Liquor, Cigarette/Tobacco & Perfume/お酒、煙草、香水セクションへ。

c0239412_8305156.jpg
             同セクションのCスと私、中央でポーズをとっているのはcosmetics/コスメのR子さん。

Mrs. bigsea は高級品を扱うJewelry / ジュエリー・セクションに配属。

c0239412_8342023.jpg
          左から、KY美さん、Mrs. bigsea, え・・・・っと、誰だっけ?このスーパーバイザー?そして私とHRMちゃん

他にも日本人スタッフが沢山!

c0239412_8353375.jpg
                    私、HRMちゃん、Jン、KZ子さん、MKさん、TK子さん、
                               KY美さん、そしてSIKちゃん
                    (お名前間違っていたらご一報を!040.gif何しろ昔の事で;; f^_^;))


お姉さま方もいらっしゃって色々教えてくださいました。

c0239412_8505549.jpg

Souvenir / スーベニア・セクションにて。


私が仕事を始めてから数日後、

c0239412_8384846.jpg

New スタッフの私とMrs. bigsea の歓迎会。068.gif069.gif024.gif

c0239412_8394845.jpg
         SGさん、HRMちゃん、Mrs.BC, F, MKTさん、Hさん、Sっちゃん、SIKちゃん、KTYさん

楽しくて素敵な仲間たちに囲まれた生活がスタートしたのでありました。


     *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*    F's 旅Note   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
[PR]

# by fsnoteashiato | 2012-12-19 09:40 | NZ