初めて列席した海外挙式

私がAuckland で免税店の仕事を始めてから、もう一人の女性スタッフが同じセクションに配属され
そのYさんの結婚式に招待されました。
初めての海外挙式に興味深々。043.gif

c0239412_19271952.jpg

一緒に列席したDFSスタッフ。
左から、F, YRちゃん、HRさん(←初登場~!)、Mrs bigsea, KYMさん。
この日は11月11日。
NZは南半球だから、季節は日本と逆です!034.gif

c0239412_19302768.jpgc0239412_19303988.jpg

手作りのウエディングドレスに身を包み、お父様と歩くバージンロード。

勿論お式は英語。
キリスト教式も初めてで、何がどう行われているのかさっぱり・・・・。

c0239412_19324860.jpgc0239412_19331466.jpg

新郎新婦のサインの後は、witness/立会人のサインが行われている・・・・と、
今だからわかるこの風景。

c0239412_19353597.jpgc0239412_19353890.jpg

晴れて夫婦となって、新郎新婦退場~。
幸せそう。053.gif

c0239412_1938389.jpgc0239412_1938445.jpg

教会の前で記念撮影。

c0239412_19385434.jpg

御両家揃って。
Yさん、お母様にそっくり!お父様も嬉しそう。
でも、一人娘が遠いNZへお嫁に行ってしまって複雑かな?

c0239412_19392931.jpg

私達も一緒に一枚!
一番左は職場のスーパーバイザーASM氏と奥様、そしてお坊ちゃま。
でも今やこのお坊ちゃまにもうお子さんがいるとの事!
いや~、時は経っているのですね;;

c0239412_1940070.jpg

この車で新婚旅行へ出かけます。

c0239412_19402463.jpg

だ~れも見ていなくても、二人はラブラブ~ 053.gif

この後は新郎A氏のお母さんの自宅でパーテイです。

c0239412_19413050.jpg

二人ともお式が無事済んで、ホッとしてリラックス。

c0239412_1942788.jpg

ケーキカット。
このケーキは、毎年結婚記念日に食べるのだそう・・・・
って、そんなに持つの?005.gif
このケーキはドライフルーツたっぷり、砂糖たっぷりのあんま~~~いケーキで
いつまでも持つのだとか。(ホントかしら?039.gif今でも食べてるのかしらね?)

c0239412_19461718.jpg

新婦が自らケーキを切り分けています。

パーテイは和気藹藹、急がず騒がず、素敵な挙式、パーテイでした。

c0239412_19474369.jpg

新婦Yさんと記念撮影。

c0239412_19481875.jpg

そして職場で同じセクションのスタッフと一緒に。
左からCス、Yさん、ASM氏、そしてKTYさん。
この結婚式に招待していただいて、楽しく素敵な時間を過ごせました。

今では二人の子供もティーンエイジャー。
綺麗でのどかなNZで幸せに過ごされている事でしょう。
あ~、会いに行きたいなあ~。023.gif


     *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*    F's 旅Note   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
[PR]

by fsnoteashiato | 2013-01-04 20:41 | NZ

Working Holiday Visa / ワーキングホリディビザで就活!

フラットが決まった後は、仕事探し。

私が取得した、Working Holiday Visa / ワーキング・ホリデー ビザは、
その名の通り、就労をしても良いし、
その国を知るために休暇的に過ごしても良い、というありがたいビザ。
就労ビザは何処の国でもなかなか取れませんからね。
でも、国によってビザを取得できる年齢が決まっていたり、一生に一度のチャンス!!
( オーストラリアには現在、”セカンド・ホリデー”なるものが今はあるそうです。005.gif

私は、オーストラリアとNZ、2か国続けて2年間のワーキングホリデー。
ビザの年齢制限は、オーストラリアは25歳、NZは30歳まで。
でも、ビザの有効期間が
オーストラリアは一年間有効のビザで入国してから一年滞在可
NZはビザを取得してから一年間有効の違いがあった為、
先にNZへ行ったという訳です。
(現在は一か国でW・Hが終わったら日本へ帰国しなければならないとか?)

まず仕事の話が来たのは、町のブティック。
縫製業だそう。
履歴書に”服飾専門学校卒業”と書いたので、それを生かしてくれようとしたみたい。
リクルートな服装をして試験へ。
いきなり服のパーツを渡されて”袖付け”の実践をさせられました。005.gif
私って外見、” 堂々としてふてぶてしい ” らしいけれど、
そー見えても実は、小心者で緊張しいの、すぐ心臓バクバク;053.gif
人前で何かすることが大の苦手;;008.gif

「所変われば品変わる」・・・じゃないけど
渡された身頃と袖のパーツが何か変・・・・違う・・・・・・
そこで度胸よく腹据えて対応すればよかったのですが、焦る一方。008.gif
「これはこうやって縫うのよ。018.gif」と教えてもらったのは
私が学校で学んだことと全然違いました;

結果、仕事はもらえませんでした;;;007.gif

次に来た仕事は、DFS免税店。
免税店の仕事は英語も必要だし、そう簡単につける仕事じゃない!と聞いていたので
まあ、面接の練習だと思って受けに行きました。

採用試験を受けたのは、私とMrs. bigsea(この時初めて会ったんだよね!)、そしてもう一人の日本人女性3名。
立派なお髭の怖顔マネージャーが、順々に質問を問いかけていきます、勿論英語で。
くるぞ・・・002.gif、くるぞ・・・・008.gif と構えていたら
空振り!私は笑顔を振りまいていただけで面接終了~。042.gif

こりゃこの面接もダメだな・・・・と思っていたら
翌日採用の連絡が入りました。005.gif
いや~、ラッキーでした。
こうしてNZへ来てから一か月後、無事職につけました。


配属されたのは、初の女性スタッフとして
Liquor, Cigarette/Tobacco & Perfume/お酒、煙草、香水セクションへ。

c0239412_8305156.jpg
             同セクションのCスと私、中央でポーズをとっているのはcosmetics/コスメのR子さん。

Mrs. bigsea は高級品を扱うJewelry / ジュエリー・セクションに配属。

c0239412_8342023.jpg
          左から、KY美さん、Mrs. bigsea, え・・・・っと、誰だっけ?このスーパーバイザー?そして私とHRMちゃん

他にも日本人スタッフが沢山!

c0239412_8353375.jpg
                    私、HRMちゃん、Jン、KZ子さん、MKさん、TK子さん、
                               KY美さん、そしてSIKちゃん
                    (お名前間違っていたらご一報を!040.gif何しろ昔の事で;; f^_^;))


お姉さま方もいらっしゃって色々教えてくださいました。

c0239412_8505549.jpg

Souvenir / スーベニア・セクションにて。


私が仕事を始めてから数日後、

c0239412_8384846.jpg

New スタッフの私とMrs. bigsea の歓迎会。068.gif069.gif024.gif

c0239412_8394845.jpg
         SGさん、HRMちゃん、Mrs.BC, F, MKTさん、Hさん、Sっちゃん、SIKちゃん、KTYさん

楽しくて素敵な仲間たちに囲まれた生活がスタートしたのでありました。


     *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*    F's 旅Note   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
[PR]

by fsnoteashiato | 2012-12-19 09:40 | NZ

New Life in Auckland, NZ

日本を離れてNZへ。
Working Holiday Visa / ワーキング・ホリデイ・ビザで一年間の滞在。
このビザは今では世界各地で存在しますが、
当時はカナダ、オーストラリア、そしてNZのみでした。

出発の半月前まで仕事をしていて、英語もほとんど話せなかったので
空港でのお迎え、フラット(アパート)探し、仕事探しまでお手伝いしてもらえるよう
企業に頼んでありました。

まず、空港Pick Up されるとAuckland ダウンタウンのホテルへ。

c0239412_15311635.jpg

ホテルからの景色。

c0239412_1532320.jpg

TV もない簡単なお部屋。
トイレ、シャワーは部屋の外で他のホテルゲストとの共同使用;;
最初の英語難関は "Male" と "Female"
何で、Man と Woman じゃないの~? 008.gif
ええいっ!と勢いで入ったのは・・・・男子トイレでした;;
だって中で男の人が入ってきた私にびっくりしてたもの。005.gif012.gif
(もしくはその人が間違えて女性トイレに・・・・ってことはないかっ。)
知らないという事は、恐ろしい事と実感しました。

そんなこともあって、辞書は肌身離さずいつも一緒。
一週間、辞書と地図持参で町を散策。

食事には苦労しました;;
一人でレストランに入る勇気もなく、
サンドイッチ屋さんを覘くと、出来上がりのサンドイッチは無く、
買う側が、まずパンを選び、中に何を入れたいのか順々に選んで作ってもらうシステム。
入国数日の私には難しくて断念;021.gif

スーパーで美味しそうなシーフードサラダを見て、これなら指さしで買えそう・・とTry!
優しいお兄さんがサラダをパックに詰めてくれながら、
”When did you come here?018.gif" と声をかけてくれましたが、
外国人(・・現地では私が外国人でしたが)と話すことに不慣れな私は
喉から言葉が出てこない・・・・002.gif
言いたいことが沢山あったのに、沢山すぎて何から言っていいのかわからない・・・008.gif
どう言っていいのかわからない・・・・・007.gif
結局、何も言葉を返せずに、妙な崩れた笑顔でしか返答できませんでした。
悔しい~~~~~~!
そんなことだったから、そこのお惣菜屋さんには恥ずかしくてもう行けず、
次はどこで何を買えるんだろう?039.gifといつもお腹を空かせていました。


そして空腹の2週間が過ぎ去り、ようやくフラットが決まりました。

場所は、Auckland Downtown から西に位置したPonsonby / ポンソンビイ

c0239412_15402317.jpg

閑静な住宅街です。

c0239412_15415296.jpg

オーストラリア人男性、オーストラリア女性、
日本人女性Kっちゃんがフラット・メイト(同居人)。

c0239412_15444429.jpg

↑広いリビングルーム。
ルームメイトはそれぞれBedroom を確保して、
リビングやキッチン、バスルームなどはシェアーします。
Kっちゃんがいてくれたのは心強かったです。

Kっちゃんと、

c0239412_15473986.jpg

近くの海辺, St. Mary’s Bayへ行きました。
海へ歩いて行けるなんて、嬉しかったです。016.gif

フラットが決まったら、次は仕事探し!
どんな仕事につけるかワクワクしていました。


     *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*    F's 旅Note   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
[PR]

by fsnoteashiato | 2012-12-16 16:10 | NZ

旅立ちの日!

1989年、4月16日。
この日は私の ” 旅立ちの記念日 ” 。

c0239412_930123.jpg

Dep 11:00 SQ87 Singapore Airlines  To SINGAPORE 

c0239412_9324061.jpg

出発に向けて、長野からわざわざ来てくれた母、東京で働いていた姉、
そして一緒に働いていた仲間達が空港へ見送りに来てくれました。

c0239412_936412.jpgc0239412_9362180.jpg

空港税支払機、時代を感じますね;

c0239412_101479.jpg

そして旅立ち。


New Zealand, Aukland / オークランド へ行くのにシンガポールを経由し、
New Zealand 南島のChristchurch / クライストチャーチへ飛び、
そして北島のAukland へと向かう長旅。

クライストチャーチで悪天候の為フライトが数時間の遅れとなり、更に長旅となりました。008.gif
到着まで、ずっとドキドキ053.gif
勿論、不安と期待の両方。

ようやくオークランドへ着いた時は晴れ。058.gif

今まで見た事のない、見渡す限り続く広ーい青空に
沢山の分厚い、大~きな雲が重なるように浮いていて
まるで絵画を見ているようでした。005.gif

その感動は今でも強く心に残っています。

rayちゃん、私の出発の記録を写真に残してくれていて、ありがとう!040.gif

今の私はここから始まったのです。043.gif


     *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*    F's 旅Note   *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
[PR]

by fsnoteashiato | 2012-12-13 10:17 | NZ